ホーム

はじめに

2015年10月に、特定非営利活動法人静岡人材再生支援センターを立ち上げ、広く一般市民や企業及び団体に対して、心の問題や自分と向き合うことができる社会教育の場を提供することで、 自らを気づき、自分を再構築する支援を行い、それぞれが社会に貢献できる良き人材の育成機関 として寄与することを目的として活動してきました。しかし、活動をしていくうちに、実社会で 生き抜く力を身につけさせる教育は、一人ひとりに懇切丁寧な教育をすべきではないかと考え るようになりました。年々引きこもりや不登校、登校拒否などの子どもが増えているのは言うま でもありません。さらにパンデミックなどが起こると、その数は倍増していきます。なぜそのようなことになってしまうのか。その根底にあるものは何なのか。原因として考えられるのは、人間関係の構築がうまくできないということや個々が持つ個性や特性を生かしていないということなどが挙げられます。そこでこれらを克服するため、当法人に、自己の能力及び知識、技術の 向上と将来における人生設計や暮らし方に必要な基礎教育、就職やビジネスの進め方での体験学習を通して学ぶ専門学院を設立しようと考えたのです。人間関係の構築だけでなく、一人ひとりが持つ個性や特性を引き出し生かすことにより、実社会で生き抜く力を身につける人間教育を行い、地域貢献を進めたいと考えています。

インクルージョン専門学院とは

当学院は、 NPO法人静岡人材再生支援センターが行う、 社会教育推進事業と して構成された教育機関で、個人や一般社会人を対象に人材育成・再生支援を 主旨に、現代社会及び未来志向における社会教育の分野で、指導者を養成する 専門学院として、創設した単位制度による独自な学習機関です。
それぞれの希望と実情に合わせた学習カリキュラムは、 専門的な民間資格を 取得し、就職活動や生活を営む上で、また人間観においてコミュニケーション力を身につける為の学習です。従って、 現代、将来の社会環境にどのように対 応して行くか明確に理解できます。 当学院では、少人数でも、マンツーマンでも、キャリアを積んだ専門分野の講師陣が指導して行くシステムになっています。 個々が学習し易い環境を用意しています。

なぜインクルージョン専門学院が必要なのか

1982年以降、 年々15歳未満人口は減り続け、医療発展に伴い65歳以上の高齢人口は増え続けています。しかし子どもが減る中、 増えている現象があります。それは引きこもりなどといった他人との接触を避けたり、俗世間から離れたりする者が増えているということです。この新型コロナウイルスの影響で、人との関りが少なくなり、こういった現象がさらに増えています。中学校までは義務教育のため、一度も学校へ行かなくても卒業は可能です。 しかし、その先の全日制の高校に進学することは非常に難しいことです。ゆえに、通信制や単位制の高校が増えていることも事実です。そのような子どもたちが高校を卒業して就職や進学してもすぐに辞めてしまうのも当たり前ではないでしょうか。 だからこそ、そのような子どもたちが社会環境に適合できるよう、モラルなど、人間本来の心の仕組みコミュニケーションの取り方などの基礎教育を行い、実社会で生き抜く力を身につけさせたいと思っております。

当院の特徴

  1. 知識理論はもとより各種体験実習を学習に盛り込んでいます。
  2. 社会教育を軸に自己の人生設計や暮らし方など将来・未来を創造する学習プログラムは他に類がない独自の教育制度です。 
  3. 自己と取り組むメンタルフィードバック授業は、心理学を応用したベーシックな新しい学習スケールです。
  4. 確かな就職先や専門分野へのモチベーションとなり、自己の指針が気づけ、しっかりした未来の目標が 定まります。 
  5. 学習修了時には各課程において認定資格が授与されます。
友だち追加